デュアルディスプレイ(2台のモニター)で効率アップして時間短縮!

スポンサーリンク


みなさんは『デュアルディスプレイ』って知っていますか?PCの画面を2画面にして使用する”あれ”です。

ディユアルディスプレイにするとクリック回数も減って効率20%以上アップ、仕事もはやく終わらせることができるかも!?はやく終わればプライベートな時間もつくれますね。

『デュアルディスプレイ』の効果について説明します。

スポンサーリンク

1.デュアルディスプレイにすると効率20~30%アップ!

デュアルディスプレイにすると効率20~30%アップ!

 

最近、デュアルディスプレイが流行っていますが、2画面にする効果はどのくらいあるのでしょうか?
実は、効果として生産性(効率)が1画面の時と比べて20~30%ほどアップするという結果が出ています。ある研究では生産性が40%もあがったという結果もあります。

簡単な計算で言うと、今まで1時間かかる作業が30%の生産性アップで46分で終わる計算になります。
1時間(60分)で14分の減少効果、4時間(240分)かかる作業ならば3時間5分(185分)で終わる計算になり、55分の減少効果があります。社会人の方なら8時間勤務で1.85時間の減少効果が生まれます。

デュアルディスプレイにして実際に30%の生産性が上がるかは業態の影響もありますが、大幅に生産性があがるほどデュアルディスプレイの効果は大きいです。

 

目次へ戻る

 

 

2.2画面で操作するのでクリック回数が激減

2画面で操作するのでクリック回数が激減

 

同時に2つの画面で2つ以上のファイル情報を表示できるので、クリック数が激減します。特に、キーボードでショートカットキーを使っていない人にとっては大きな効果があります。都度フォルダを開く必要がなくなること、開いているファイルを切り替えるためにクリックする必要がなくなることで、マウス操作によるクリック回数が大きく減少します。

マウス操作は慣れたキーボード操作と比べると時間がかかりますが、デュアルディスプレイにすることでマウス操作が簡単になり、結果として時間の短縮が図れます。

マウス操作が頻繁になると腱鞘炎になる恐れがありますが、マウス操作が少なくなれば腱鞘炎になるリスクも減少します。大きいモニターを用意すれば、大きく表示できるので目にも優しくなります。

デュアルディスプレイは時短にも、そしてみなさんの手にも目にも優しい効果を生み出します。

 

目次へ戻る

 

3.デュアルディスプレイにかかる費用はどのくらい?

デュアルディスプレイにかかる費用はどのくらい?

 

デュアルディスプレイの効果は分かったけど、いったい費用はどのくらいかかるのか?気になりますね。

これは現在使用中のPCによって変わってきますが、ディスプレイを接続するコネクタが2つある場合はディスプレイを1台購入すればよいので、Amazonでは24inchで14,000円前後で購入できます。
ディスプレイの接続するコネクタが1つしかない場合にはもう少し費用がかかりますが、ディスプレイの費用 + 20,000~40,000円くらいといったところでしょう。

大幅に生産性があがることが分かっていれば、2~3か月で十分元は取れるくらいしかかかりません。

 

目次へ戻る

 

スポンサーリンク

4.デメリットは?

デメリットは?

 

デュアルディスプレイのデメリットとしては、以下があげられます。

・PCのスペックが低いと操作が重くなる(フリーズする場合もある)
・費用が多少かかる
・ディスプレイを追加して設置する場所をとる

大幅に生産性があがることを考えれば大したことはないと思いますが、こういったデメリットがあることも把握しておく必要はあります。

 

目次へ戻る

 

 

5.さいごに

さいごに

 

デュアルディスプレイは多少の費用も必要ですが、余りある効果が期待できます。物を購入すれば済むことで、大きな費用がかからないことであればすぐにでも行動に移した方が早くメリットを受けられます。

ぜひみなさんも試して効果を実感してください。