エンジニアにおすすめの転職サイト(エージェント)|4社以上に登録しよう

スポンサーリンク


このページでは、エンジニア向けの転職サイト、転職エージェントについてご紹介しています。

今の会社には満足していますか?
100%満足している人は少ないというアンケート結果もあります。

会社の方針が合わなかったり、上司、同僚に恵まれなかったり。
タイミングも合わずに思うような仕事をやらせてもらえなかったり。

自分の人生を振り返ったときに「このままでいいのかな?」と思うことはあるでしょう。
このまま留まるか、はたまた転職するか。

でも、まだエンジニアとして頑張りたい。
ものづくりの分野で働きたい。

そんなあなたにおすすめするエンジニア向けの転職サービスをご紹介します。

1.転職するなら複数のサービスへ登録する

転職するなら複数のサービスへ登録する

 

転職成功者の8割は4つ以上の複数の転職サービスへ登録して活動をしていたというアンケート結果があります。

転職サービスの運営会社によって強みも違えば、担当者の当たり外れもあります。
あなたの希望している求人を紹介してくれる担当者にすぐ当たるとは限りません。

複数の転職サービスへ登録することで、それぞれの比較や強み弱みも分かります。
強みは大いに活用して転職を成功へ導くこともできますね。

また、各社で独占している求人も違います。
複数に登録することで、各社の独占求人も漏らすことなく紹介してもらえます。

転職サービスはほとんど(ほぼ100%)無料で登録できますから、複数登録して活用していきましょう。
成功させるなら『4社以上に登録』は必須です。

 

目次へ戻る

 

2.特化型と総合転職サービスの両方を利用する

特化型と総合転職サービスの両方を利用する

 

転職サービスには『特化型』『総合型』と呼ばれるものがあります。

特化型はジャンルや年齢層を絞った転職サービス。
総合型はオールジャンルの職種をまんべんなく揃えている転職サービスです。

求人数は総合型の方が多いです。
しかし、エンジニアに絞った転職サービスであれば掘り出し物の求人に当たることもあります。

どちらも登録しておけば、自分に合った求人が見つかる確率が高まります。
特化型は1~2社、総合型は2~4社程度の登録をしておきましょう。

 

目次へ戻る

 

3.複数登録していることは伝える

複数登録していることは伝える

 

転職サービスを利用する際には、複数に登録していることは打ち明けましょう。
同じ求人を違う2社から紹介されたときに、別の転職サービスで紹介されていると言える環境は大事です。

適当な理由で断ってしまうと「好みじゃなかったかな?」と思われてしまいます。
すると、次の紹介では希望していない案件を紹介されるような事態になることも。

正直に打ち明けておくことによって、好みだけど他から先に紹介されていると言えますよね。
自分の希望している求人を紹介してもらえるように、状況は正直に伝えておきましょう。

 

目次へ戻る

 

4.エンジニア向け転職サービス

エンジニア向け転職サービス

 

転職サービスと言ってもたくさんあって選べないですよね。
どの転職サービスがどんな特徴で、どんな人におすすめなのか。

私が転職するなら登録したい転職サービスを7つほどご紹介します。
この中から4社以上、登録しておきましょう。

 

メイテックネクスト

 

モノづくり系エンジニアの転職支援では国内でトップクラスの転職エージェントです。
特化していることで他の転職エージェントでは紹介されない案件もあります。

紹介できる求人情報数では大手転職エージェントに分がありますが、特化していることもあって製造系の企業内情に精通している点が特徴です。

担当者も技術系出身の方が多く、技術職の悩みやニーズを理解しています。
製造系エンジニアに特化しており、今後もエンジニアとして活躍していきたいのであれば登録は必須。

土日祝日も対応可能で、現職を継続しながらでも転職活動を進めやすいように対応してくれるのはありがたいですね。

エンジニアとしての転職なら、登録を強くおすすめします。

 

DODA

 

業界トップクラスの求人数を誇る大手転職エージェントです。
かなり多くの求人数があり、選択肢は非常に多い印象。

人気企業上位300社の合格診断やその他情報の充実は大手ならでは。
担当者からのサポートも充実しています。

私も登録していたことがあり、登録してすぐに担当者から連絡がありました。
希望している条件などについて親身に聞いてくれる印象です。

求人の数も非常に多くて、大手の凄さを感じました。
たくさんの選択肢があることはいいですね。

登録しておいて損は無い転職エージェントです。

 

パソナキャリア

 

パソナキャリアは利用者の満足度が高い転職サービス。
利用者に寄り添ったサポートをしてくれると評判です。

初めての転職活動では不安もありますよね。
そんな不安も丁寧なサポートがあれば、頑張れそうな気がしてきます。

パソナキャリアはマイナビやDODA、リクルートとは違った目線での紹介をしてくれます。
企業スタイルが他社とは違うことが大きな点です。

パソナキャリアの強みは独占求人が多いこと。
パソナキャリアでしか紹介してくれない求人が多数あります。

キャリアアップ志向の方や初めての転職で不安のある方は登録をおすすめします。

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは業界大手の転職サービス。
大手は求人の職種範囲や求人数に優れています。

20代、30代の転職に向いていると評判のマイナビエージェント。
未経験者歓迎な求人も多く存在しています。

あなたの年齢が20代~30代前半であれば、おすすめする転職サービスです。
非公開求人を見るためには登録する必要があります。

非公開求人はマイナビが得意とするところ。
登録して非公開求人を紹介してもらいましょう。

30代前半までの方であれば特に登録をおすすめします。

マイナビエージェント 公式サイトはこちら

 

リクナビNEXT

 

転職の決定数、会員数ともに業界最大手のリクルート。
求人数も相当数あるので、非常に多くの選択肢を得られます。

年間休日や離職率などを指定して検索することも可能。
地域別、職種別にも検索できるので絞込みも簡単です。

リクナビNEXTは”転職サイト”ですので、自分で選んで応募するスタイルが基本です。
自分で探したい人であれば、求人数も多いので登録は必須。

なかなか自分で選べない人におすすめなスカウト機能、エージェント機能があります。
あなたの登録情報を企業側が見てスカウトしてくれたり、非公開求人を紹介してくれるエージェント機能。

求人数も機能も充実しているリクナビNEXTには登録することを強くおすすめします。

リクナビNEXT 公式サイトはこちら

 

リクルートエージェント

 

転職支援サービス大手のリクルートが運営するリクルートエージェント。
リクナビネクストは『自分で探す活動』をするのに対し、リクルートエージェントは『支援者と伴走しながら探す活動』をします。

また、非公開求人が多いのはこちらのリクルートエージェントです。
自分で探すことも大事とは思いますが、プロによる支援はあった方がいいのは言うまでもないですね。

どちらも登録しておいて、良さそうな求人情報を探すのもアリですね。
リクルートNEXTとともに登録することをおすすめします。

リクルートエージェント 公式サイトはこちら

 

エン・ジャパン

 

エン・ジャパンは年齢や働き方スタイルによって細かく紹介方法を分けています。
利用者を絞ることで、希望にあった求人を紹介するためです。

エン・ジャパンの運営する転職サイトをいくつかご紹介します。

エン・ジャパン 公式サイトはこちら

 

転職を考えるなら

エン転職 はこちら

 

30代、40代のミドルの転職なら

ミドルの転職 はこちら

 

20代ハイクラスの転職なら

AMBI はこちら

 

20代、30代向けの転職エージェントなら

エン・エージェント はこちら

 

グローバル企業への転職なら

en world はこちら

 

他にもありますが、正社員向けのものを紹介しました。
年齢層や狙うところでサイトを分けてサービスを充実させる形態です。

求人数はやや少ないものの、サポートは充実しています。
他の転職サービスとの併用は必須ですが、充実したサポートは転職する人には嬉しいもの。

科学的な見地からの提案なども充実しているので利用する価値は大いにあります。
サポートや提案を受けたい方に登録をおすすめします。

 

私のおすすめはこの4社

私が転職するなら、ここに紹介したほぼ全てに登録します。
「そんなにいっぱい、登録するの?」と思う方もいるはず。

なるべくなら多くのサービスを利用した方がいいです。
しかし、絞って登録したいという方には以下の4社には登録することをおすすめします。

エンジニアに特化しているメイテックネクストは外せません。
この先もエンジニアとして働くなら、必ず登録ですね。

パソナキャリアは丁寧で利用者満足度の高いサービスが魅力。
不安な部分を解消してくれる、転職活動へのアドバイスをもらえるかもしれません。

DODAとリクナビは求人情報数も多く、選択肢が増えます。
リクナビは自分で選びたいならNEXT、サポートがほしいならエージェントに登録。

本気で転職をしたいなら、以上の4社は必ず登録しましょう。

 

目次へ戻る

 

5.さいごに

転職成功

 

転職は今後の人生を左右します。
何度も転職活動をしたいと思っている人は少ないでしょう。

1度で成功させるためにも、複数の転職サービスへ登録して希望の会社へ入社できるように活動しましょう。

今後もエンジニアの需要は大きいです。
経済や環境に大きく貢献できるエンジニアの仕事は簡単には無くなりません。

あなたの今まで培った力を活かすためにも、複数の転職サービスの中から希望の転職先を見つけて転職活動を成功させてくださいね。